転職サイト

ホワイト企業・転職活動おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

今働いている会社を辞めたいと思っていませんか

 

 

 

 

 

 

 

もし転職するならラック企業は避け、ホワイト企業に就職したいというのは誰もが思っていますよね。

 

 

 

 

 

 

ブラック企業ばかりが目立ち・・・本当にホワイト企業などあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

と疑問を持ってしまうぐらいです。ホワイト企業は実際にありますが・・・・・・

 

 

 

 

 

 

ホワイト企業といえる会社は求人も少なく世間一般にはでない場合も多く

 

 

 

 

 

 

非公開求人として扱われる場合が多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

転職する際は転職サイトや転職エージェントをうまく活用してホワイト企業に転職しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクナビネクスト

 

 

 

 

 

 

 

リクルートグループが運営する『 国内No,1 』の転職サイト

 

 

 

 

転職求人案件が豊富でまずはどんな求人があるのか調査するのにおすすめ

 

 

 

余裕があれば職務経歴などを登録しておくと企業からオファーがくる場合あり

 

 

 

スカウト機能を利用してご自身の市場価値を調べるのにも使えます。

 

 

 

オファー内容に年俸などが記載されており、今の年収と比較して高ければ

 

 

 

転職するのも一つの手段ではないでしょうか。

 

 

 

またご自身の強みを発見するためのグッドポイント診断など転職活動に使える

 

 

 

お役立ちツールが無料で使えます。

 

 

 

 

うまく利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

リクナビネクスト 詳細はこちら

 

 

 

 

 

https://next.rikunabi.com/

 

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

 

 

 

 

転職実績No.1の人材紹介会社・転職の相談ができます

 

 

 

 

初めての転職・転職に失敗した気がするなど不安な方へおすすめ

 

 

 

 

また今の会社に残るべきか・転職すべきか悩んでいる場合

 

 

 

 

カウンセリングを受けることをおすすめします。

 

 

 

 

キャリアアドバイザーが客観的なアドバイスをしてくれます。

 

 

 

 

非公開求人も豊富で一般的な転職サイトでは見ることができない案件の紹介

 

 

 

 

 

面接・職務経歴書対策など様々なサポートが充実

 

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント 詳細はこちら

 

 

 

 

https://www.r-agent.com/

 

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア

 

 

 

 

パソナグループの人材紹介サービス。「正しい転職」を実現するために

 

 

 

 

 

各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティング

 

 

 

 

 

求職者の方の強みや希望を考慮し、業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中からキャリアプランを実現するための求人を提案

 

 

 

 

 

履歴書・職務経歴書などの書類の書き方、企業毎の面接のアドバイスなどサポート体制も充実。

 

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア 詳細はこちら

 

 

 

 

http://www.pasonacareer.jp/

 

 

 

 

 

 

 

DODA

 

 

 

 

 

 

 

業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが求職者のキャリア・

 

 

 

 

お持ちのスキルを総合的に判断

 

 

 

 

現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理

 

 

 

 

「できること」と「やりたいこと」が合致する理想のキャリアを目指し

 

 

 

 

現実の企業と求人とを照らし合わせながら選択肢を探るので

 

 

 

 

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うこともあります。

 

 

 

 

書類選考で損をしないように・・

 

 

 

 

 

人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くためのアドバイス

 

 

 

 

面接に不安を感じる方のために

 

 

 

 

 

模擬面接・終了後のフィードバックもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

DODA 詳細はこちら

 

 

 

 

https://doda.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ポイント】選考試験に最近では応募者をグループにしてグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を実施しているところが増えているのだ。企業は面接だけでは見られない個性や性格などを観察するというのが狙いなのです。
仕事であることを話す間、少し観念的な感じで「何を思っているか」ということにとどまらず、更に実例を入れて告げるようにしたらよいのではないでしょうか。
実際に、自分自身をキャリア・アップさせたいとか、一段と自分を磨くことができる会社で働いてみたい。そんな願いを耳にすることがよくあります。自分はキャリア・アップできていないことを発見して、転職しなければと思い始める人が非常に多い。

 

 

一般的に企業自体は途中採用の人間の養成のためにかける時間やコストはなるべく節約したいと想定しているので、自分の努力で役に立てることが要求されているといえます。
「志望している会社に相対して、わたし自身という人的資源を一体どれだけ堂々と将来性のあるように宣伝できるか」という能力を鍛えろ、ということが早道となる。
なんといっても成長分野には、魅力的なビジネスチャンスがたくさんあるから、新規に事業を始める機会もあれば、子会社や関連会社を設立したり新規参入する事業やチームなどを担当させてもらえる可能性が高くなるということ。
まれに大学卒業と同時にいわゆる外資系への就職を目指す人もいないわけではないが、実際のところ大多数は日本国内の企業で採用されてそれなりの経験を積んで30歳くらいで外資に転身という事例が多いようです。
いわゆるハローワークの就業紹介をされた人間が、そこの職場に勤めることが決まると、条件(年齢等)によって、該当の会社からハローワークに向けて職業紹介料が払われているそうです。
たとえ成長企業とはいうものの、明確に何年も揺るがないということではありません。ですからそこのところについては十分に確認するべき。

 

 

 

 

 

【就活Q&A】第二新卒は、「新卒で就職したけれど約3年以内に離職した若者(一般的には25歳程度まで)」を表す。近頃になって早期に退職してしまう者が急激に増加しているため、このような名称が生まれたのでしょう。
評判になった「超氷河期」と一番初めに呼ばれた際の年代の若者は、マスコミが報道する話題や社会のムードにどっぷり浸かる内に「働く口があるだけでありがたい事だ」などと働き口を固めてしまった。
【トラブルにならないために】離職するほどの気持ちはないのだけれど、うまい具合にもっと月収を増加させたい場合なのであるなら、まずは収入に結びつく資格取得というのも一つの手法なのかもしれないのだ。
人によっていろいろな理由によって退職・再就職を考えているケースが急激に増えているのだ。ところが、転職すると決めたはいいけれど、転職してからの人生が大きく異なるケースもいくらでもあるのが現実だと把握しておくべきです。
【応募の前に】面接のとききっと転職の理由を質問される。「どういう理由で退職したのか?」ということはどんな会社も特に興味のある問題です。そのため転職理由を特にしっかり整理しておく必要があるのです。
総じて、人気のハローワークの推薦で入社する場合といわゆる人材紹介会社で入社を決めるのと、共に両用していくのが良策だと感じられます。